HOME > 視力回復と治療

斜視の治療

近視、遠視という概念は有名というか、近くにその症状の人がいることが多いわけですね。そうではなくて「斜視」という目の症状があります。見る対象であるものを見るときに、片方の目の視線はその目標の方を向いているのに、もう一方(片方)の目が対象物に向いていないわけです。視線があらぬ方向を向いているんですね。見...

>>詳しく読む

2008年5月22日(木)14:17

老眼鏡に対する考え方を変えては?

近視の人は正視の視力になるようにしたいと考えますね。回復すればいいとして手術も受けようとします。治療に時間がかかってもしたいと考えるでしょう。それでも視力矯正にメガネやコンタクトレンズは簡易ですぐに利用できますから、それなりの価値があります。 老眼の場合はどうでしょう?手術などの可能性もありますが、...

>>詳しく読む

2008年5月22日(木)11:59

老眼と屈折異常

40歳くらいから老眼が始まるそうです。もちろん全員ではありません。あるいは老視というのは、個人によって違います。差が出ます。病気ではありません。程度の差はあるんでしょうが、中年になれば誰にでも起こり得ることです。生理的な現象と言えます。水晶体の弾力性が失われる老眼になると、近いところが見えにくいので...

>>詳しく読む

2008年5月21日(水)14:09

遠視対策

メガネは近視の人がかけるものではありません。遠視や乱視の人もいます。私たちは、幼いお子さんがメガネをかけているのを見ると、近視と考えがちですね。でも実際は違う場合があります。遠視でメガネをかけている場合が多いのです。遠視は網膜より後ろの方にピントが合うわけです。子供は眼球が正規のものよりも小さいので...

>>詳しく読む

2008年5月21日(水)11:22

近視などの屈折異常の経過

ゲームに夢中になって目を使いますね。あるいはインターネット検索や読書、勉強で近くのものをみる作業が続くことが多いのではないですか。正視の人でも一時的に近視の状態になるのではないかという説があります。これを「仮性近視」あるいは「偽近視」と言います。でもこれは日本独自の考え方だそうです。現在は否定的にと...

>>詳しく読む

2008年5月20日(火)13:31

近視などの屈折異常診断

健康診断などでCのようなものを見て、どっちが開いているか聞かれますね。あのワッカのことを「ランドルト環」と言います。視力表を用いて視力を検査するんですね。これはメガネやコンタクトレンズをしていない状態での視力を計ります。これは裸眼視力です。屈折の異常があるか判断するものです。他人の答えを真似たり、あ...

>>詳しく読む

2008年5月20日(火)11:29

仮性近視や偽近視の原因と症状とは?

近視の人の大多数は、メガネやコンタクトレンズで視力をカバーできます。視力の矯正が可能というわけです。単純近視です。でも病的な近視の方もいます。近視は遺伝的な素質が強く関係しているとみる説があります。大勢を占めています。勉強のやり過ぎや暗いところで本を読んだから目は疲れます。ですが、それがおもな近視に...

>>詳しく読む

2008年5月19日(月)13:04

近視とエキシマレーザーを用いる角膜切開術(PRK)

網膜にピントが合うのがいいのですが、遠くの方を見てもうまくピントが合わない人がいます。はっきり見えないというわけです。屈折の異常ですね。そうなるとコンタクトレンズやメガネに頼ることになります。このうち近視というのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を結ぶわけなんですね。焦点が手前になるために...

>>詳しく読む

2008年5月19日(月)10:57

コンタクトレンズとメガネ

視力を矯正するもの、それは基本的にメガネとコンタクトレンズでしょう。現在、さまざまな手術が開発されています。より安全確実にできる最新の治療法が開発されているのですが、総合的にはメガネとコンタクトレンズはやはり、最も即時に矯正できるものに変わりはないようです。便利なものです。 以前は酸素が角膜にゆきわ...

>>詳しく読む

2008年5月18日(日)13:17

超音波治療と人口水晶体は視力矯正に役立つか?

現在、医療の現場は精密な機械、機器が使われています。眼科領域でも治療はめざましく進歩しています。日帰りの手術も多いです。話題になっているのは視力を回復できるもの、視力矯正の方法です。レーザー光線を使った治療です。話題になっています。「超音波治療」や「人口水晶体」もあります。より安全に、より確実に進化...

>>詳しく読む

2008年5月18日(日)11:47